ホーム > 施術案内 > AKA療法とは

AKA療法とは(FCM)

AKAとは、ArthroKinematicApproach(関節運動的アプローチ)の略で、
動きにくい関節を動こそうとする目的で腰椎や仙腸関節を手で軽く動かして関節機能異常を改善させる療方です。
実際に動く範囲は1~2㎜といわれており、ほんのわずかな動きを手で感じる程度です。
なので、患者様は痛みを感じないのが普通でただ触っているだけという患者様もいるくらいです。
小さなお子さんから高齢者・妊婦さんまで安心して受けられる治療法です。

仙腸関節とは?

骨盤骨の一つである仙骨と仙骨の左右にある腸骨の間にある関節が仙腸関節といいます。
仙腸関節は脊椎の根元に位置しほんのわずかな動きをします。
日常生活の動きに対応できるよう、ビルの免震構造のように根元から脊椎のバランスをとっていると考えられています。
中腰での作業や不用意な動作、あるいは繰り返しの負荷で微小な不適合が生じ痛みが発生します。


koba

どんな人に有効か?
腰痛 ぎっくり腰など

koba
  • 施術内容
  •  
  • 施術内容
  • 施術の流れ・料金
  • 院内のご紹介
  • 院概要・地図
  • ブログ
  • ページTOPへ